TOP > 派遣される期間は?
-
都合の良い派遣社員にならないために!〜一人一人の小さな訴えが派遣社員全体の待遇改善へとつながりますように〜
- 派遣の実態
派遣とは?
派遣は高時給?
派遣される期間は?
有給休暇はあるの?
交通費は支給されないの?
年末調整はしてもらえるの?
長く働いていれば時給は上がるの?
スキルアップできるって本当?
派遣OLの定年は35歳?
紹介予定派遣とは?
タイムシートとお給料
- 「派遣で働く」と決めたら
- こんな時は・・・
- 「ちょっと聞いてよ!」
- ビジネスマナー
- 派遣会社比較&仕事探し
- お役立ち情報
- TOP
派遣される期間は?
派遣期間は、以下のような分類が一般的です。

単発(1ヶ月以内)
短期(1ヶ月以上〜3ヶ月未満)
長期(3ヶ月以上)

系列型の派遣会社の場合は、半年や1年等もっと長めの契約期間のこともあります。
そして、更新を繰り返しても臨時的・一時的派遣の場合は原則1年(条件によっては上限3年)までとされています。

その期間を超えて派遣社員を雇用する場合は、派遣先は派遣社員に対して直接雇用の申し込みをする義務を負うことが派遣法では定められているそうです。

ところが実際は、同じ会社でも部署を異動させたり、普通の営業事務なのに契約書の業務内容を「OA機器操作及び○○」と専門的派遣のように見せかけたり、法の隙間をくぐり抜けるあの手この手があるように思います。
26業務 の専門的派遣の契約の場合は原則3年以内ですが、更新可能なので実質的には期間の制限がないことになります。

個人的には、わたしは3ヶ月か6ヶ月更新が好きです。
過去に仕事を探している最中や次の仕事開始までのつなぎに単発のデータ入力をしました。時給は1,700円で仕事内容はとっても単純&楽チンだったのですが、ほんの数日だから自分のデスクなんてもちろん与えられないし、居心地悪いとゆうか・・・なんとなく落ち着きませんでした。

また、営業事務の仕事に飽き飽きしてきた頃に「何か新しいことがしたいな」と思い、WEB系のスクールに通いはじめた時、スクール修了と同時にWEB系の仕事に就きたいと考えていたので、派遣の契約期間が3ヶ月限定でなおかつ残業があまりない短期の仕事を選びました。

“不安定”というデメリットの反面、その時の自分の都合に合わせて仕事を選ぶことができることは、派遣のメリットの1つだと私は思います。

紹介予定派遣の場合は、派遣期間は上限6ヶ月とされています。紹介予定派遣は派遣で働く私たちにとっても企業にとっても良いシステムだとわたしは思います。

数ヶ月実際に働いてみて仕事や環境が気に入ってから正社員になれることは、派遣社員にとってはいきなり就職・転職活動をするより精神的にも楽でしょうし、企業側にしても数回面接をしただけの人を採用するより実際に人柄や仕事に対する取り組み姿勢などが見てから正社員雇用する方が安心なのかもしれませんね。

← 戻るトップへ次へ →