-
TOP > 派遣OLの定年は35歳?
-
都合の良い派遣社員にならないために!〜一人一人の小さな訴えが派遣社員全体の待遇改善へとつながりますように〜
- 派遣の実態
派遣とは?
派遣は高時給?
派遣される期間は?
有給休暇はあるの?
交通費は支給されないの?
年末調整はしてもらえるの?
長く働いていれば時給は上がるの?
スキルアップできるって本当?
派遣OLの定年は35歳?
紹介予定派遣とは?
タイムシートとお給料
- 「派遣で働く」と決めたら
- こんな時は・・・
- 「ちょっと聞いてよ!」
- ビジネスマナー
- 派遣会社比較&仕事探し
- お役立ち情報
- TOP
派遣OLの定年は35歳?
「派遣OLの定年は35歳」って聞いたことありますか?わたしはこの説を「ウソでありホントだろう」と思っています。環境や仕事内容によっても違うだろうし一概には言えませんが、普通の一般事務の場合「やっぱり35歳が限界だったりして・・・」とも思うのです。

なぜ企業から敬遠されるようになってしまうのでしょうか?そもそも年齢を理由にお断りされるなんてことがあって良いの?(→本当はダメ)と思うのですが、企業側にしてみたら、普通の一般事務なら特別な技術や知識は必要ないから、若くて仕事を頼みやすい雰囲気の人がいいのかもしれない・・・とも思ってしまいます。

また、派遣社員側も「30代も半ばになるっていうのに、年下にあれこれ指示されて雑用ばっかりはもうイヤ!」と考えるプライドの高い人は、自分の置かれる環境にいたたまれなくなり、自分から辞めてしまうケースもあるのではないでしょうか。

ですが、特にスキルアップの努力もせず一般職の派遣で数ヶ月ごとに派遣先を転々としてきたのであれば、それも仕方のないことです。「みんなが働きやすいように環境を整えることがわたしの役目」と割り切って“何でも屋さん”に徹すれば、気持ち的に楽になるかもしれません。

それでは、35歳以降も良い環境で派遣社員として仕事を続けたい場合はどうすればよいのでしょうか?わたしは、“普通”なだけではない“何か”を身につけていくことが必要だと思います。

例えば、同じ派遣でも一般派遣から専門的な知識や技術を要する派遣に切り替えてみるという手もあります。もちろん、それにはかなり勉強が必要ですが。当たり前のことですが、難しくて手が出ないような職種ほど派遣の時給は高いですし、そのスキルを持つ派遣の人材が不足しているためにニーズも高いようです。実際、最近は「エンジニア専門の人材派遣」などが増えてきている気がします。

具体的な職種でいうと、“SE”や“プログラマー”と呼ばれる、特別な言語を使い開発ができる人。また、近年人気のweb系でもデザインやコーディングだけでなくweb系のシステム開発や構築ができる人、ディレクション業務ができる人などは高時給なうえに一般的な派遣とはちょっと違う扱いとなります。

また、ヘルプデスクのようなユーザーサポートの仕事、英語を使う仕事、編集のような実務経験や特別な知識が必要とされる職種は「歳をとる=経験を積む」ことになるので、おばさんになっても長く続けることができるかもしれません。

「人より特に優れていると自信のある分野はないし、今までもこれからも普通の一般事務しか私にはできないよー」という人は、せめて一般ソフトは使いこなせるように等努力をしましょう。また、人が仕事を頼みやすい雰囲気を作ることも大切だと思います。年だけとっててExcel,Wordは初級レベル、その上「あの人って、なんか仕事が頼みづらい・・・」なんて言われたら、本当に仕事がなくなってしまうかもしれません。

← 戻るトップへ次へ →