-
TOP > 「打合せ」「顔合わせ」という名の面接
-
都合の良い派遣社員にならないために!〜一人一人の小さな訴えが派遣社員全体の待遇改善へとつながりますように〜
- 派遣の実態
- 「派遣で働く」と決めたら
自分に合った派遣会社の選び方
web上で派遣会社に仮登録
本登録へLET’S GO
スキルチェック
担当者と面談、そして、お仕事紹介
「打合せ」「顔合わせ」という名の『面接』
- こんな時は・・・
- 「ちょっと聞いてよ!」
- ビジネスマナー
- 派遣会社比較&仕事探し
- お役立ち情報
- TOP
「打合せ」「顔合わせ」という名の面接
「その仕事がいい!」と思えるような希望条件を満たした仕事が紹介されたら、派遣会社の担当営業に企業の採用担当の方との話を進めてもらいます。本当は派遣社員の「面接」は禁止されていますが、単発の仕事ではない限り派遣先企業を一度も訪れることなく仕事スタートなんてことは実際はほとんどありません。

派遣会社によって異なりますが、「打合せ」「顔合わせ」等の呼び方をして法律に触れないようにしているようです。中には「インタビュー」と呼んでいるところもあり、最初は「インタビュ〜?」と思ったものです。

派遣社員のためにある「面接禁止」だとしても、派遣される会社の雰囲気や実際の仕事内容がよくわからない状態のまま、明日からいきなり働いてと言われても・・・ちょっと不安ですよね?派遣先企業側も、きちんとと仕事に取り組んでくれる人だろうか?と不安だと思います。

企業へ打合せで行く際には派遣会社に登録に行った時以上に服装など身だしなみに気をつかった方がいいでしょう。その仕事が欲しければ、自然と気合いも入るとは思いますが。やはり、社会人として常識の範囲内で、なおお洒落心も忘れずにいきたいですね。

さて、何度経験してもやっぱり緊張してしまう「顔合わせ」ですが、数をこなす内にそれなりに余裕というかコツがわかってくると思います。派遣会社の営業さんが企業の担当者の方へ経歴書(登録シートのようなもの)を渡し、簡単にあなたを紹介をしてくれます。そして「では、自己紹介をお願いします」と言われたら、明るく元気にはきはきと自己紹介しましょう。

過去の職歴を話す際のポイントは、職務経歴書に書いてあることを上から読み上げるだけではなく、具体的に何をやっていたのかを説明した方がいいと思います。ただし長くなりすぎないように!そして、おそらく話したことに対して突っ込んだ質問をされることが多いと思いますので、自信のある所をより具体的に話し苦手な事については軽くふれるだけにしておく方が無難かもしれません。

自己紹介が終わると、今度は企業の担当者から具体的な仕事の説明がされます。疑問に思うことや不安があればこの場で質問しておきましょう。あなたの不安そうな表情を見て「できそうですか?大丈夫そうですか?」と聞かれるかもしれません。新しいことに取り組む時は誰だって不安になります。多少自信がなくても「少し不安ですが慣れれば大丈夫だと思います。がんばります!」と答えてしまいましょう。

でも、どうしてもムリだと思うなら、打合せの後にこちらからお断りすることも可能です。



← 戻るトップへ