-
TOP > ビジネスマナー 携帯メールで「休みます」はあり?
-
都合の良い派遣社員にならないために!〜一人一人の小さな訴えが派遣社員全体の待遇改善へとつながりますように〜
- 派遣の実態
- 「派遣で働く」と決めたら
- こんな時は・・・
- 「ちょっと聞いてよ!」
- ビジネスマナー
あいさつ
電話応対の基本
電話「もしもし?」
電話メモ
メールの基本1
メールの基本2
FAX
ビジネスマナーに関するオススメの本
携帯メールで「休みます」はあり?
「休みを頂いております」
派遣会社に電話する時の挨拶は?
- 派遣会社比較&仕事探し
- お役立ち情報
- TOP
携帯メールで「休みます」はあり?
突然の体調不良などの場合、もちろん「今日はお休みさせてください」と会社へ連絡しますよね。その連絡手段としては、メールがなかった時代は電話が当たり前でした。ところが、最近はメールが普及し、休みの連絡もメールで済ませる人が増えてきているようです。
さて、メールで「今日休みます」とは、いかがなものでしょうか?

わたしの考える結論から言いますと、欠勤遅刻の連絡方法については「派遣先のルールに合わせる」が一番問題がないと思います。なぜなら、メールで欠勤の連絡をすることに対しては、どうしても賛否両論あるのが事実だからです。「休みの連絡をメールだけで済ませるなんて、なんて非常識な!」と感じる人もいますし、また逆に、電話よりむしろメールの方が業務に支障がないという職場もあります。

わたしはと言うと、現在の派遣先の皆さんに合わせて、当日欠勤の場合は電話連絡、電車の遅延で少し遅れる場合はメールで済ませています。わざわざ電車を降りて電話をしていたら会社に着くのがもっと遅くなるし、満員電車の中で周りのイタイ視線を感じながら話さなくてもいいので、遅刻の連絡がメール可というのは助かっています。

ちなみに、わたしは欠勤の連絡は基本的には電話が当然だと思っています。
確かに、欠勤の連絡がメールでOKというのは、ある意味魅力的だなと思うときもあります。例えば、朝起きたら熱が38度あった時。会社は9時からだけど会社を休むかどうかを決断しなければならないタイムリミットは7時半だったりします。そうすると7時半なんかに会社に電話をしても誰もでない。だから、本当は薬を飲んですぐにでもぐっすり眠りたいのに、9時に会社に電話するために1〜2時間後には起きなくてはならない・・・そんな時。

でも、もし欠勤の連絡がメール可の会社の場合でも、メールを送った相手から「了解です」と返事が来るまでは、安心して眠れないのでは?と思うのです。メールの場合は届くのが遅くなったり、あるいはトラブルで届かない場合もあります。「今日休みます」とメールを送ったからといって、相手がそのメールを見ていなければ無断欠勤と同じです。メールの返事を待つより、ぱっぱと電話で済ませてしまいたい、と思ってしまいます。

どちらにしろ、会社が変われば前の常識が非常識になってしまう事もあるということです。肝心なのは「欠勤の連絡はメールでもいいと私は思う」と思っていても、相手がどう思うかが重要なのです。

派遣社員の場合は、「前の会社は○○だったのに・・・(その方が合理的だった)」と思っても、今の環境に合わせる柔軟性が必要だと思います。余計なトラブルを回避するためにも、新しい会社では周りのみんながどうしているか事前に確認しておくとよいでしょう。

最後になってしまいましたが、派遣社員の場合は「派遣先」への連絡の他に「派遣元」にも連絡する必要があります。どちらに先にかけるか?順番としては、まずは派遣先へ連絡して了解を得て、その後「本日体調不良の為お休みさせていただくことにしました。派遣先の○○様へは連絡済みです。」と派遣元に連絡するのがスムーズではないかと思います。